2010年06月01日

波動とオカルト映画

複数の企業で色々な種類の「波動測定器」が製造または販売されている、という。旧大和の徹甲弾を思わせる茶色の砲弾状の弾丸の中に波動砲の規定エネルギー量(120%オーバーチャージ射撃時)の1/100の波動エネルギーが封入されており、防護服に身を包んだ砲術員たちが主砲身に直接装填して発射する。例えば、「粒子が時刻 t に位置 \vec{q} に存在する」という波動関数\psi(\vec{q},t)の絶対値の二乗は、粒子の存在確率密度P(\vec{q},t)を与える。波動には振動数、周期、振幅、波長、波数などの物理量が定義される。
波動カートリッジ弾(はどうかーとりっじだん)は、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場した架空の兵器の名称。サイエンス・フィクションにおける波動は、原子力を超えた人類には未知のテクノロジーを表す場合が多い。量子力学における波動力学ではすべての物質は波としての性質を持つとされる。これが地球人類史上初めての波動エンジン製造と波動エンジン搭載艦である。
posted by ろん at 16:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。